男一匹命をかける元祖日本一船料理

幼い頃より、日本海の男たちが妻や子を養うため、荒海へと「漁」に出る姿を垣間見、その男たちの命をかけた心意気をなんとか料理に活かせないかと苦心の末、優しさと厳しさを共にした船を「器」にかたどり、丹後の新鮮な幸を盛り込んだのが千松独特の船料理です。 苦心さんたんしてまいりましたがおかげさまで皆々様より「元祖日本一の船料理びわこの千松」と親しまれるまでになりました。小さなびわこの千松ではございますが大きなまごころでご奉仕させていただきます。