滋賀観光

【大津】三井寺・琵琶湖疏水

春も秋も美しい近江八景のひとつ

西国33番礼所。三井寺の晩鐘は近江八景のひとつ。音の三井寺として日本三大名鐘としても有名。この鐘は慶長7(1602)年に鋳造されたもので、鐘楼(国の重要文化財)と共に県の文化財に指定されている。また、近くを流れる琵琶湖疏水と共に、桜の名所としても有名。

【大津】びわこ花火大会

約1万発の花火は圧巻

毎年8月第1金曜日に開催されます。約1万発の花火が湖上から打ち上げられ、多くの人々を魅了します。

【大津】比叡山延暦寺

世界文化遺産に指定

平安時代初期に僧・最澄が開基した天台宗の総本山。広大な境内は、根本中道(国宝)を中心に東塔・西塔・横川の3地区に分かれ、数多くの国宝や重要文化財がある。延暦寺までを結ぶ日本一長いケーブルカーは車窓より琵琶湖が一望できる。

【石山】石山寺

紫式部ゆかりの地

西国33番礼所。761年に東大寺の僧・良弁が開基したと云われる。紫式部が籠って「源氏物語」を執筆したことでも有名。境内には梅林、シャクナゲ、スイセン、ツツジなど花の寺としてもよく知られる。